代理店募集、販売代理店募集など起業や独立、開業で商材を探す情報比較サイト 掲載企業様ログインはこちら

ストックビジネスとは?フロービジネスとの違いやおすすめの案件一覧

ストックビジネスという言葉を耳にしたことはありますか?
「ストック」という言葉から連想されるのは、「在庫」なのではないでしょうか。
ストックビジネスのストックは、「在庫」ではなく「蓄積」という意味合いを持ちます。つまり、蓄積していくビジネスという意味です。
それだけ聞いても具体的にどのようなビジネスなのかピンと来ないことでしょう。
今回は、ストックビジネスとは何か、事例を紹介しながら始め方まで解説していきます。

ストックビジネスとは

ストックビジネスとは、継続的に収益を得られるビジネスモデルのことを指します。


イメージとしては月額制のサービスや、定期購入のサービスなどになり、顧客との契約を結び会員を確保して長期に渡り継続的に関係性を築いて安定した収益を得ることができます。

ストックビジネスの種類や事例は後ほど詳しく解説いたしますが、簡単に例を挙げるならば、電気ガス水道などのインフラ事業や、塾や習い事、月額制の動画配信サービスなどがストックビジネスに該当します。

成功する企業には必ずストックビジネスがあると言っても過言ではないほど、ストックビジネスは事業を成功に導く力を持っています。何よりも安定した収益を持続できるという点がストックビジネスの強みであり、上場するためにもストックビジネスの仕組みがある企業は有利となります。

ストックビジネスとフロービジネスとの違い

ストックビジネスを知るためには、対照的なフロービジネスについても理解する必要があります。


フロービジネスは、簡単に言ってしまえばストックビジネスの逆、つまり継続的に収益を得ることができない「一度きり」の取引をおこなうビジネスモデルで、常に新しい取引が発生します。ストックビジネスを「継続収入」とするならば、フロービジネスは「単発収入」となるわけです。

例えばレストランやコンビニなど、飲食店や店舗販売系のビジネスがフロービジネスです。
常連さんが何度も利用する場合も「毎月〇円必ず使う」という契約を交わしているわけではないので、その都度新しい取引となります。
近くにより良い店が出てしまった場合、何の断りもなく急に来なくなってしまうという可能性も十分に考えられます。

このようにフロービジネスは収益が安定せず、将来の見通しが立たないため、長い目で見た場合、非常にリスキーであることが分かります。

ただ、フロービジネスは顧客の獲得が難しくありません。飲み物がほしいと思った時に目の前にコンビニがあれば立ち寄るように、その時その店のことを必要とする顧客がいれば自然に商品やサービスを購入してくれるからです。
対してストックビジネスは、継続的にお金を払ってもらわなければならないビジネスになるため、新規顧客の獲得のハードルが高いのが特徴的です。

それぞれの長所短所を含めて、違いを理解しましょう。
最近ではフロービジネスとストックビジネスの両方の長所を生かした新たなビジネスモデルも登場しています。これについても後ほど詳しくご紹介いたします。

ストックビジネスの種類と事例

ストックビジネスには様々な種類があります。
具体的な事例も交えて、ご紹介いたします。

不動産の賃貸

ストックビジネスで最もイメージしやすい事例は賃貸です。
家賃が定額発生するため、毎月決まった収益を得ることができます。
住居としての賃貸だけでなく、オフィスとしての賃貸、貸し会議室など、不動産を「貸し出す」こと全般がストックビジネスとなります。
不労所得と聞いて最初に思い浮かべるのが不動産収入と言っても過言ではないくらいポピュラーなストックビジネスです。

インフラ

ガス、水道、電気を中心とするインフラもストックビジネスです。
他にも電話やケーブル、プロバイダなど通信に関するサービスもインフラのストックビジネスとなります。

商品の定期購入

定期購入のストックビジネスで最も身近な事例は新聞です。
他にも雑誌の定期購読が挙げられます。

健康食品や化粧水などの消耗品の美容グッズ、サプリメントなど、よく通販で扱われている消耗品も定期購入を導入しています。単発で購入するよりも割安になることを謳い、また継続して使うことで効果がでると謳い、定期購入を勧めます。

保険

保険はまさにストックビジネスの典型的な事例で、もしもの時、万一の時に備えて毎月決まった額を保険料として支払います。
貯蓄型の保険であっても、ストックビジネスに位置付けられます。

習い事や塾など

ピアノ教室や英語教室、学習塾、パーソナルトレーナーつきのスポーツジムなど、教室タイプのストックビジネスは子どもから大人まで幅広い年代の顧客が利用します。
毎月定額の月謝が発生するタイプの教室はストックビジネスになりますが、チケット制などで単発の指導が受けられるタイプの教室はフロービジネスになります。(チケットが月額制である場合はストックビジネスになります)

ネットスクール

上記の「教室タイプのストックビジネス」は、実際に利用者(顧客)が教室に通うか、家庭教室のように自宅に講師を読んで、指導を受けるタイプのものでした。このような教室タイプを「リアル」とも言いますが、これに対してネットスクールは、インターネットを用いて様々なことを学べるサービスです。
スカイプを用いた英会話教室、動画で講義を聴くことができるネット大学などが事例として挙げられます。

コミュニティ

同じ趣味、同じ価値観、同じ興味をもつ人同士で繋がりたいという人を対象としたストックビジネスです。オンラインサロンなどがこの事例として挙げられます。
ある分野に精通している人や、インフルエンサーのようにブランド力のある人が立ち上げて、限定のコンテンツを提供することを掲げた上で参加者を募ります。
一方的にコンテンツを配信するだけでなく、参加者同士で交流ができるコミュニティ型のサービスですので、利用者たちは能動的に関わりを持てる魅力に惹かれて参加するようになります。

定期的な点検

機械や建物など、定期的にメンテナンスする必要があるものを点検する業者もストックビジネスと言えます。
少しマニアックですが、ピアノの調律などの楽器のメンテナンスもストックビジネスと言えるでしょう。あまりイメージには無いかもしれませんが、ホームページの点検というストックビジネスもあります。

定額制サービス

様々なサービスを月額制など固定の支払いで利用できるタイプのストックビジネスです。
コンサルティングや税理士の相談、エステなどの現場で多く取り入れられています。
最近では歯科医でもサービスの定額化を導入している医院が出てきて、都度支払いだと高額になる歯科医療サービスを定額内で自由に受けられると話題になりました。

著作権や商標権などの権利使用

著作権が有効な楽曲を定期的に使いたい場合にJASRACに毎月決まった金額を支払えば、JASRACに登録されている楽曲は無制限で使用できるといった事例がこの権利使用タイプのストックビジネスにあたります。
結婚式場はこの定額制を利用し、結婚式で様々な楽曲を流せるような仕組みを作り顧客に提供しています。

他にも、フランチャイズや、ブランド名の使用権などが当てはまります。
この場合は定額の使用料に売上金の一部が上乗せされることが多く、月額〇円+売上の〇%という算出方法で支払金額が決まります。

会員制クラブなどの入会

会員になることで会員費用が発生するストックビジネスです。
スポーツジムやゴルフ会員、高級ホテルやバーなどが事例として挙げられます。

ハイステータスの証としても活用されることがあり、会員によっては年収などの審査が必要なものもあり、富裕層向けのサービス展開をおこなっているモデルが多いのが特徴です。

ファンクラブ

その名の通り、ファンクラブを作り会員を募って展開するストックビジネスです。
年会費などが発生する部分においては会員制型ストックビジネスと同じ性質を持ちますが、ファンクラブ型の特徴は、会費だけでなくファンクラブの会員だけが購入できるグッズや、会員だけが参加できるイベント、限定の情報誌やメルマガなどを商材として売り込める点です。
ファンクラブとしての会費だけでなく月額課金などで限定のサービスが受けられる仕組みを作れば、ストックビジネスを更に拡大することができます。

定額で消耗品が使い放題になるサービス

プリンターを貸し出して、インク代は月1万円で使い放題という、消耗品を定額で提供するストックビジネスです。
通常の定額型は、提供する商品の数量が決まっていますが、このタイプの定額型は月額などで消耗品が使い放題となります。

定額のASP

月額制のアプリやパソコンソフトなどもストックビジネスと言えます。
有料アプリや有料ソフトには売り切りタイプのものと月額支払いタイプのものがありますが、近年増加しているのが定額制のものです。
毎月一定額を支払うことにより、アフターフォローも手厚く受けることができ、流動的にアップグレードするアプリやソフトの機能に対応しやすいという理由で、人気を集めています。

動画配信サービス

最近テレビでもコマーシャルを見かける様々な動画配信サービスもストックビジネスです。
月額〇円で動画が見放題というコンテンツで、それぞれのサービスに「独占配信」の動画があり、限定性を売りに顧客を集めています。
DVDをレンタルするよりも安く沢山の映画やドラマを視聴できるため、利用者も増加傾向にあります。

定額レンタルサービス

近年ストックビジネスの中でも台頭してきているのが、定額レンタルタイプのストックビジネスです。
月額制で対象のレンタル品を自由にレンタルできるというもので、例えば月〇円でブランドバッグを使い放題、月〇円で洋服を選び放題、月〇円で好きな車に乗れる、など、業界問わず人気のサービスになっています。めずらしいものでは、家の定額レンタルもあり、月額制で好きな家を転々とできるというサービスで、早くも人気が沸騰しています。

ストックビジネスとフロービジネスを融合したビジネスモデルの事例

ストックビジネスとフロービジネスの良いところを掛け合わせた新しいビジネスモデルの事例も少しだけご紹介しましょう。

ホームページ制作と予約システム

宿泊施設のホームページ制作会社におけるストックビジネスをフロービジネスの融合例です。
まず、ホームページの制作をフロービジネスで受注します。
ホームページ制作にかかる費用は定額制ではありませんので、ホームページ制作の依頼が確定した時点で支払ってもらいます。
それと同時に、宿泊施設ですので予約システム(ホームページで予約が取れるようにするシステム)の導入も売り込みます。
予約システムの導入が決まれば、その費用は月額制として毎月請求できるようになります。こちらは定額制ですのでストックビジネスとなります。

予約システムを導入すればホームページ制作費用を割り引くなどのキャンペーンをおこなうことで、ストックビジネスとフロービジネスをうまく組み合わせて契約を取れるという仕組みです。

ストックビジネス=サブスクリプションなの?

サブスクリプションという言葉を聞いたことはありますか?
会員制の定額サービスのことで、車のレンタルや洋服のレンタルなどを、月額〇円で好きなだけ利用できるというものを指します。
また、動画配信サービスのように月額〇円で配信されている動画が見放題というサービスもサブスクリプションです。

サブスクリプションは定額で利用できるサービスのことを指す言葉で、安定した収益が得られるという広義のストックビジネスの中のひとつと捉えるのが良いでしょう。
ストックビジネスの手法の中にサブスクリプションがある、と理解すると整理しやすいかもしれません。

サブスクリプションは副業としても人気で、オンラインサロンや有料メルマガ配信、有料動画配信など、定額制で会員や利用者を増やして安定した収益を得ることに成功した事例もあります。

ストックビジネスの始め方

ストックビジネスは安定した収益が得られるため、本業としては勿論、副業としても注目されています。
そんなストックビジネスを始めるにはどうしたら良いのか、おすすめのストックビジネスの始め方をご紹介いたします。

不動産運用をする

不労所得の代表格といえばやはり不動産収入でしょう。
マンションやアパートなどの不動産を買い、その物件を賃貸として貸し出すことにより家賃収入が得られるという分かりやすい仕組みです。
ただ、不動産運用をするためには、不動産購入のための資金が必要です。もちろんローンを組んで購入し、ローンを支払いながら不動産運用をすることもできますが、借金を作ってまで…という方にはおすすめできません。

投資による信託報酬や株の配当金を得る

信託報酬や株の配当金が得られる投資もストックビジネスになります。
投資は怖い…という方でも気軽に簡単に始められるものもありますが、ハイリスクハイリターン、ローリスクローリターンの世界なので、安全パイで投資すると大きな収益は得られないでしょう。

オンラインサロンなど会員制のサービスを展開する

特技や強み、あるいは専門的な知識などを持っている方におすすめしたいのがオンラインサロンなどを解説し、会員を集めて定額制のサービスを展開することです。
多くの会員を獲得するためには知名度を上げる必要がありますが、口コミで輪が広がっていく世界なので「これは」というものを持っている方は始めてみる価値がありそうです。

ストックビジネスの代理店やフランチャイズ開業

不動産運用には資金が足りないし、投資は怖いし、オンラインサロンなどを開設できるような強みは無いし…という方におすすめしたいのが、既に出来上がっているストックビジネスに参入する方法です。
ストックビジネスを展開している企業の代理店として契約を結びストックビジネス商材を売っていく、あるいはフランチャイズ店として開業する、このいずれかの方法でストックビジネスを簡単に始められます。

おすすめのストックビジネスの案件一覧

幼児・小学生・中学生・高校生向け通信教育 スマイルゼミのキャッチ画像

幼児・小学生・中学生・高校生向け通信教育「スマイルゼミ」の代理販売店の募集です。2012年にサービスを開始したタブレット通信教育サービスです。第10回 日本 e-Learning 大賞 初等教育クラウド部門、2013年日経優秀製品・サービス賞 最優秀賞など各賞するなど教育業界で高く評価される大変お勧めいただきやすい商材です。

BASIS NANO(ベイシスナノ・ナノバブル生成装置)のキャッチ画像

BASIS NANO(ベイシスナノ・ナノバブル生成装置)は水道メーター2次側の水道管に取り付けることで、家中全ての水をナノバブル水に変化させることができます。 シャワー、お風呂、洗濯機、キッチン、トイレ…家中どこでもナノバブル水が使えます。 水質を大幅に改善し、健康で美しく、安全で安心な暮らしをサポートします。

地域貢献ビジネスビドプレのキャッチ画像

日本の企業の99%が中小企業! あなたが国の仕事を仲介して、 売上に困っている中小企業にお仕事を紹介! 月商1000万円も無理なく目指して、 一生モノの資格も取れちゃいます!

BASIS WATER SYSTEM(ベイシス浄水器)のキャッチ画像

株式会社ダップルスは、自社オリジナル製品「BASIS」シリーズのメーカーとして開発および販売を行っております。 BASIS WATER SYSTEM(ベイシス浄水器)およびBASIS NANO(ベイシスナノ・ナノバブル生成装置)は各戸の水質を大幅に改善し、健康で美しく、安全で安心な暮らしをサポートします。 ハウスメーカー、工務店、管理会社、リフォーム会社、住宅設備、水道工事等の事業者様とも親和性が高い製品やサービスを展開しております。

スマートチェックインシステム「maneKEY(マネキー)」のキャッチ画像

★業界ニーズが高く、クロスセルにも最適な【スマートチェックインシステム「maneKEY(マネキー)」】の販売代理店募集★ 宿泊業界は、多言語対応の遅れ、慢性的な人手不足、DX化の進展不足による業務効率の低さなど、様々な課題を抱えています。「maneKEY」は、チェックイン業務全般をシステムに任せることで、これらの課題を解決するスマートチェックインシステムです。

おしごと発見Tサイトのキャッチ画像

★大手企業が提供する求人LPサービス【おしごと発見Tサイト】のエリア正規代理店募集★ どのような経済状況下でも慢性的な人材不足が課題であるという業界は存在しています。 特に小売業などにおいては年間を通じて人材募集を継続することが恒常化する中で、昨今の状況から急な休業や事業再開、事業所統廃合なども突発的に発生することから、人材確保は企業活動において非常に重要な要素を占めています。 本ツール【おしごと発見 Tサイト】はそういった現状の課題を鑑み、大きな費用はかけたくないが 継続的に人材募集が必要な事業者様向けのローコストサービスです。

KD ECO+ ラミネートのキャッチ画像

KD は多角化経営を行っており、豊富で多様な商品ラインを持っていますが、海外市場では、競争力の最も強い製品である KD ECO⁺ラミネートに特化することにいたしました。 この製品は、革新性と優位性が最も高く、顧客を引き付け、市場シェアを確保することができます。海外市場でブランドの知名度を迅速に構築するだけでなく、フランチャイズ加盟店により魅力的なビジネス機会を提供します。一つの製品に集中することで、リソースを効果的に活用し、市場浸透を加速し、短期間で急速な成長を実現できます。

FUNFUNBOX代理店のキャッチ画像

店舗様のスキマスペースを活用して新たな収益獲得! ガチャガチャ市場が拡大しているなかで、弊社では1,000円や2,000円の高額ガチャやクレーンゲーム・ガチャガチャなどを設置した「FUN FUN PARK」を展開中です。イニシャルコスト0円でアミューズメント機を設置可能です。 家族で安心して楽しめるアミューズメントスペースをご提案しており、設置店舗様、ご遊戯されるお客様に大変喜んで頂いております。20坪程度のリノベーション提案も可能です。

空きスペースを有効活用!ワゴン販売のキャッチ画像

当サービスは店舗様の空きスペースを活用し、設置させて頂いたワゴンで様々な商品を ご販売いただくサービスです。 すでに全国の多数の店舗に導入実績があり、店舗様の売上アップの実績がございます。 初期投資や維持費が抑えられる低リスクモデルで提供しており、販売実績に応じた 手数料システムにより、安定した収益が見込めます。 文具や雑貨、キャラクター商品など多彩な商品ラインナップをご提供し、また、商品は定期的に 更新されるため、ワゴン販売は常に新鮮な印象を保ち、店舗様への顧客のリピート訪問を促進します。 パートナー様には専用ダイヤルを設け、いつでもお気軽に相談できる体制を整えています。 初期研修から始まる充実のサポートで、パートナー様が成功を収めやすい環境を整えています。

格安SIM・大容量データSIMのキャッチ画像

格安SIMに加え、端末とのセットプランやWifiモバイルルーターなど、豊富な商材をお取り扱いいただけます。 お取り扱い回線には、大手通信会社の楽天モバイルやドコモなどがございます。 また当ビジネスでは、販売価格を自社で決めていただけるので、顧客層に合わせた価格帯で販売いただけます。

まとめ

ストックビジネスについて、その仕組みやフロービジネスとの違い、事例、始め方などをまとめました。
1回の取引で完了してしまう単発報酬型のフロービジネスに比べて、継続的に安定した収益が得られる継続報酬型のストックビジネスは、ビジネスをおこなう上で外せない大切なビジネスモデルです。
最近は副業としても人気が出てきて、サラリーマンでも上手にストックビジネスを取り入れている人もいます。
ストックビジネスに興味がある方、始めてみたいという方は、ぜひ参考にしてみてください。

検討リストからの
一括資料請求はこちらから

検討リストを確認