代理店営業を始める際の不安とその回答

初めて何かを始める際には、将来がわからず不安がでてきます。
学生時代のクラス替えでも、友達と同じクラスになれるかどうかドキドキした経験はありませんか?好きな人に告白をするときもそうですよね。
代理店を始める際にも同じように不安が起きるでしょう。
しかし、代理店営業を始めるのはビクビクとおびえるほど怖いものではありません。
今回のコラムでは、代理店営業を始める際の不安とその回答をご案内します!

売り上げを出せるか心配

代理店を始めても、売り上げがなければ意味がありませんよね。
そのため、代理店を始める際には本当に自分に合っている商材かどうかを見極めましょう。
自分自身の感性に合っている商材であれば自然と興味が出てきますので、商材について学ぶようになります。
商材について知れば知るほど、商品やサービスを魅力的にPRできるようになりますので、結果として売り上げにつながります。
反対に自分が興味を持てない商材であれば、営業にも積極的になることができません。
同じパターンの失敗から抜け出せなくなったり、商品のメリットが説明できなくなります。
売り上げを出し、さらに伸ばしていくためにも、興味のある商材を選ぶようにしましょう。

どのように代理店販売していけばいいのかわからない

どのように商材を販売していいのかわからないため、代理店ぜ営業に踏み込めないという悩みもあるでしょう。
最適な販売方法は商材や代理店であるあなた自身の個性によっても異なります。
もしも対面での印象に自信があるのであれば、飛び込み営業も効果的でしょう。
断られることも多い反面、一度興味を持ってくれたお客様には商材の魅力をアピールする絶好の機会になります。

会話には自信があるけれど対面だと緊張してしまうということであれば、電話営業も一つの手段です。
留守番電話やすぐに電話を切られてしまうことがほとんどかもしれません。
しかし何件も電話をかけているうちに、興味を示してくれる人が現れます。
その時はチャンスです。
一生懸命商品やサービスをアピールしましょう。
人との会話に自信がないということであれば、文章や写真を使って商品・サービスの魅力を伝えましょう。
商材の魅力をアピールするブログやウェブサイトを作り、インターネット上で宣伝しましょう。
インターネットだとアクセスを増やすまでが大変ですが、一度軌道に乗れば手間があまりかからないというメリットがあります。

代理店を続けられるかわからない

代理店を始めたとしても、続けることができるかわからないという心配もあるでしょう。
もちろん、続けることができない人もいます。
コツコツと地道な努力が必要であるため、数日間で結果を求める人には向いていないかもしれません。
しかし代理店営業は最初はうまく軌道に乗らなかったとしても、努力して実績を積み上げることによってどんどんと稼ぐことができるようになります。

代理店営業の際、少しずつでの商材が売れるうちにどのような営業方法だと売れやすいかというパターンが身についてきます。
その方法は人によっても違います。
自分の長所を最大限に発揮したうえで、商品を魅力的に伝える方法がわかってくるのです。
代理店営業はすぐには結果が出せないかもしれません。
しかし、続けることによって徐々に徐々にと商材の売れ行きは伸びていき、売り方を覚えると爆発的に売れるようになります。
地道に続けていた努力は報わるでしょう。

代理店のみで生活できるか心配

代理店として営業していくうえで、代理店一本で食べていけるかどうかを迷っている人は多いでしょう。
代理店として新規参入をしても、十分な収入になるかわからないからです。
代理店は職種によっては、会社勤めを行いながらもできるものがあります。
平日昼間は会社に勤め、平日の夜や週末を利用して代理店として活動するのです。
もちろん、時間をフルに使って代理店として活動できる人には劣るかもしれませんが、それでも経験を積んでいくうちにそれほど大きな労力を割かなくても、副収入としては十分なくらいに稼げるようになります。
その際に代理店一本に絞るか、、あくまでも代理店を副業とするかを選べばいいのです。
もしも代理店営業を迷っているのであれば、スキマ時間を利用して代理店営業を行ってみてください。

まとめ

代理店を始める際、売り上げを出せるか心配であれば、自分の感性に合った商材を選べば商材への理解を深め、商材を魅力的にアピールできるようになります。
また、営業方法も自分に合った営業方法を選ぶことにより、より売り上げにつながるような販売をすることができます。
代理店営業はすぐに結果が出なくても、コツコツ続けることで成果が出てきます。
代理店としてやっていくことができるか心配なのであれば、最初は副業として代理店を始めてもいいでしょう。
本職よりも代理店営業に時間をかけたいと思えるようになれば、その時にどうするか決めたらよいのです。
代理店営業は決して怖いものではありません。
代理店を始めるかどうか迷っているのであれば、その勢いで始めてみましょう。
慣れてくると営業が楽しくなりますよ。