起業支援を行っている団体

起業するには資金が必要です。
会社の退職金を開業資金にする人も少なくありません。
むしろ、そういうものだと思っている人が多いででしょう。

日本政策金融公庫は低利息で融資が受けやすい

しかし、公共機関や民間などから多くの融資を受けることができるのです。
例えば、公共機関では、日本政策金融公庫が名高いでしょう。
起業する人のために融資を行っています。
借りたお金に対して低利息となっているので、リスクが少ないことも魅力です。
もちろん元本以上は返済しなくてはいけませんが、融資を受けやすいということが魅力です。
とはいっても、しっかりとした事業計画書を提出しなくてはいけません。

他には、各自治体などでは、起業を後押しするための様々な催しがあります。
相談会、応援事業、起業セミナーなどがそうですし、商工会議所などに通い詰めると何かしらの知識を身につけることができるでしょう。
自治体としても起業して立派な企業になれば、そこから雇用が創出されるわけですから、積極的に後押しをしてくれます。
様々な催しが数多く開催されているので、インターネットなどで調べてみるといいでしょう。
融資の話なども突発的に出てくる場合もあります。
金額はそれほど多くはないかもしれませんが、借りやすさという面では一番と言えるでしょう。

金融機関はどうでしょうか

金融機関と一言で言っても多彩です。
銀行はもちろんですが、消費者金融会社もあります。
間違っても消費者金融会社で借りることはやめましょう。

借りやすさは随一ですが、利息が高いので大成功しないかぎりは返済するのが困難になりますよ。
ですので金融機関では銀行が良いでしょう。

地域密着系の金融機関は融資が受けやすい

銀行系の種類は、第一地銀・第二地銀・信用金庫・信用組合・JA(農業協同組合)・メガバンクなど多彩です。
地域密着系の金融機関ですから、融資を受けやすいと言えます。
但し、銀行は株式会社ですから、利益優先です。
信用組合、信用金庫は地域の繁栄を願うための組織ですから、より融資を受けやすいと言えるでしょう。

農業協同組合はどうなの?

農家の人に貸し付けをする金融機関のイメージが強いと思います。
ですから、農業系の起業であれば、融資を受けることができます。
また、実家が農家ということでしたら融資を受けやすいでしょう。
担保が農地になっていますから、当然といえば当然ですね。

メガバンクから融資を受けるのは厳しいかも

大きな資産を持っているのがメガバンクですが、その資産の多くは大起業に向いています。
大企業がひとたび困れば、メガバンクの名前がすぐに出てくるのはそのためです。
ですから、個人事業については融資を受けるのは難しいというよりも不可能と考えていいでしょう。

銀行の融資は、日本政策金融公庫といって公共機関と比較すると、融資を受ける確率はグンと下がると考えていいでしょう。
先述していますが、銀行は株式会社であり、利潤を追求しているからです。
バブルのときは相当派手なことをしていましたが、それ以降財布の紐は固いと考えていいですね。
日銀のマイナス金利政策などで、融資を受けやすくなったという話も聞こえてきますが、銀行特に地銀の多くは本業では赤字体質になっていますから、個人事業で融資を受けるのは難しいと考えたほうがいいでしょう。

もちろん完全無欠な事業計画で、銀行も納得するのであればいくらでも融資を引き出すことができるかもしれません。

融資を受けるなら、政策金融公庫が一押しです。
融資元が税金となると胸襟を正さなくてはいけませんが、自分自身も納税者ですから、気兼ねすることなく融資を受けましょう。

他にも助成金という形の融資が多く存在しています。
条件があるのですが、このような助成金は返済する必要のないものもあるので、情報のアンテナを常に立てておいて、このような情報を漏らさないようにしたいものですね。