代理店経営のメリットとデメリットとは?

まずメーカーが代理店募集をするメリットって何なのか?

メーカーが代理店を募るメリットの一つとなっているのは、人件費が大幅にカットできることです。
小規模零細企業への生産や発送といったコストが軽減できるといった点において、大幅に経費削減につながっているのです。
そして、大手企業となると、なかなか小さな市場には採算の問題もあって進出することができません。
いわゆるローカルな市場となると、代理店に進出してもらったほうが隅々まで自社商品の営業展開ができるメリットがあるのです。
メーカーが代理店募集するメリット、デメリットについてはこちらのページを参考にして下さい。
上記の点を踏まえて、ここでは代理店の経営メリットとデメリットをまとめてみました。

代理店経営を行うメリットは?

メーカーなどの代理店となれば、すでに商品が手元にあることになるのですぐにでも営業することができます。
そのため、販売、そして現金の回収といったものが、がすぐにできて、自分の収益とすることができるのです。
また、商品知識はもちろんなのですが、販売力といった知識をメーカーの研修などで得ることができます。

そして代理店側では、直接メーカーが進出するわけではないので、リスクが少なくて済みます。
さらに商品開発などの必要も有馬せん。それが大きなメリットとなるのです。
進出する資金の捻出ができなくても、早急に商品やサービスを展開できるメリットは代理店経営ならではと言えるでしょう。

また、営業力の強化、さらには商品知識の習得なども大きなメリットと言えるでしょう。
商品開発についてはメーカーにまかせておけばいいのですから、代理店はそういった部分にお金をかける必要はまったくありません。
販売に関する経費のみを考えて営業活動に専念することができるので、資金面でのリスクが大幅に軽減されています。

比較対象となるフランチャイズ経営ですが、代理店経営はフランチャイズのような販売方法に制限がありません。
全て自分の好きなように販売ができるのです。
やめたいときにはすぐにやめられるという点も、代理店経営の大きなメリットと言えるでしょう。

代理店経営のデメリット

代理店は良いことづくめのように見えるのですが一方で、にはデメリットはどういったものでしょうか。
販売に関するスキルが必須となります。
単独で大きな利益を上げることができるのが代理店の大きなメリットです。
裏を返せば、代理店に関しては営業力の有無といった面で収益に大きな影響が出てくるのです。
利益を上げることができないようなら、当然ですが代理店としての収入は上がりません。
メーカーのブランドを利用することができますが、それを販売するのは代理店の役目です。
ですから、営業力や販売力が無ければ代理店としての存分な働きはできないということになります。

そしてフランチャイズのように、マニュアルのような確立された販売方法や営業ノウハウがないということです。
このことから、代理店経営は自分で考えて行動し、販売の研究を行わなければいけません。
自分自身で、商品が売れる方法を探さなければいけないのです。
メーカーからは何の保証もありません。

ですから、売れなければ収入もないのです。
販売力、営業力に自信がなければ、代理店経営はこの点がデメリットとなるでしょう。
売り上げを上げるには、売れる商品を見極めることのできる能力が必要となります。
もっとも、商品はほぼ固定されていますから、決められた商品に注力して販売できるというのはメリットと言えるでしょう。
高い営業力、さらには販売能力が求められるのは言うまでもありません。

代理店で成功するポイント

代理店経営を成功させるためには、その商品の強みや弱みなどを把握しておく必要があります。
また、ターゲットとなる取引先について、その商品の販売が可能かどうか、さらには商品の販路の拡大が期待できるかどうかを見極めなくてはいけません。
さらに、代理店経営として商品やサービスが売れるものなのかどうかの見極めも必要です。
販売するためのプロセスも大切です。
販売についての具体的なイメージも、大切な判断材料となるでしょう。

そして、大事なことは、メーカーからどれだけ販売に対するサポートが受けられるかどうかです。
フランチャイズと違って、手厚いサポートは期待できないかもしれません。
しかし、メーカーにとっても自社の商品を販売してくれる大切なパートナーですから、できうるかぎりのサポートをしてくれるでしょう。
というよりも、サポートが期待できない代理店経営はほぼ失敗すると考えてもいいと思います。

また、メーカーによっては、販売だけではなく経営自体をすべて任せるという自由度の高いところもたくさんあります。
それはそれで、代理店経営をする側にとっては、メリットにもなるのですが、ある程度のサポートはやはり必要です。
販売に対して、販売する現場の声などを聞いてくれるメーカーがやはり理想です。

また、情報提供や販売体制などのサポートは当然のことながら大きなメリットになります。
代理店経営をする場合、メーカー選びも重要です。
もっとも、この商品を販売したいからメーカーに直談判するのが順序としては正解です。
そのときに、できるだけのサポート体制を引き出せるようにしたいものです。

代理店経営は、商社あるいはメーカーからの代理店募集を受けて、商品やサービスの販売をその商社やメーカーに代わって行うことです。
販売店やフランチャイズと比べた場合、代理店の特徴は、顧客と直接売買契約をする当事者ではなく、仲介者としてのイメージが強いです。
もっとも、顧客の側としては代理店イコールメーカーとして見ているので、代理店経営側もそれなりの意識が必要になるのは言うまでもありません。

フランチャイズとの大きな違いは、メーカーへのロイヤリティが不要な点です。
フランチャイズ経営は、販売に対する自由度がないと言われています。
コンビニなどでよく言われるのは、売れ残った弁当を半額などの割引で売ることができないことです。
全て廃棄処分になります(家畜の餌になるという噂もありますね)
賞味期限が切れてなければ少しでも安くして売りたいというのが販売側の思いなのですが、フランチャイズでは本部の意思が最優先されるので、経営側に自由度は全く無いといってもいいのです。

反対に代理店経営では、販売に対する自由度が高いのが一般的です。
考えると両極端とも言える両者なのですが、それぞれがメリットでありデメリットでもあるのです。
ですから、自分には、代理店経営かフランチャイズ経営のどちらが向いているのかをよく考える必要があります。
もちろん、将来的に大化けするのは代理店ですし、大もうけできる可能性が高いのも代理店です。
可能性の高さを比較すると天と地の差があると考えていいでしょう。

メーカー側から見ると、代理店募集ではロイヤリティは期待できません。
しかし、自社の商品を大きく拡販してくれるというメリットは計り知れないものがあります。
お金をかけることなく宣伝効果を上げているということになるからです。
このことから、どのメーカーも代理店募集についてはかなり積極的と言ってもいいでしょう

代理店経営を成功させるためには、商品が売れるのかどうかの見極めも必要です。
そして、何よりも自分のほうからその商品を心の底から好きにならなければいけないのです。