代理店とフランチャイズの違いとは?

代理店とフランチャイズに加盟して経営するのとの違いはどこにあるのでしょうか。
簡単なようでいて、正確に説明できる人は案外少ないのです。

実力次第の代理店

代理店というのは、商品の販売を本社からの委託契約によって請け負う営業形態です。
商品を製造して販売はしていないというメーカーは多く
自社商品を広く販売して欲しいので代理店募集などを積極的に行っています。
そして、代理店と契約することによって販売活動を代行してもらっているのです。

その為、代理店は既存のクライアントがいれば良いのですが、起業したてなどクライアントがいない場合は新規でテレアポやネットを駆使して営業する必要があります。
また、代理店は、商品の販売だけをするのではありません。
大抵の場合、契約上は代理店とクライアントの間で交わしますので商品のアフターサービスまでしっかり行わなくてはいけないのです。

複数商材の組み合わせ販売など自由に経営ができる

一方で、販売方法などは契約によらないので自由に行うメリットもあります。
フランチャイズの場合は店の外観、他商品との組み合わせ販売禁止など色々縛りがあり自由に経営がしにくくのに対して
代理店は自由度が高く、場合によって、代理店を自宅にすることもできますし複数の商品など組み合わせて販売することができます。
経営形態なども、本社から大きく問われることはないのです。

初期費用があまりかからずロイヤリティを払う必要なし

代理店はフランチャイズ点と違って、初期費用も、あまりかからない商材も多く、初期投資が安く手軽に営業活動ができます。
また、本社(メーカー)にロイヤリティを支払う必要がありません。
その代わり、メーカによる経営ノウハウを伝授されることもありません。
これは、メーカーに販売のノウハウがないのですから当然といえば当然です。

代理店は、以上のことから既存のクライアントがいる、もしくはある程度販売や営業力のある人が行う手法と考えたほうがいいです。

フランチャイズについて

フランチャイズは代理店と比べて大きな違いがあります。
フランチャイズは、本部の加盟店になることを言います。
加盟店になって、本部の商品や販売方法等をそっくりそのまま利用することをフランチャイズと呼んでいるのです。

ロイヤリティが発生する

フランチャイズ加盟店になると、販売による売上金の一部を本部にロイヤリティとして納めることになります。 フランチャイズ加盟店はいわば、本部の持つブランドを利用することで、集客と言った本来一番大変な部分をカットして販売に専念することができるのです。
本部はブランド力を高めることで売上を上げたフランチャイズ店から売上の一部をロイヤリティとして受け取ることができます。
このように、お互いにメリットを享受する仕組みで言わばwinwinの関係と言ってもいいでしょう。

フランチャイズ加盟店は、基本的には同じ契約書をフランチャイズ本部と交わすことになります。
それによって、同一のサービスを享受することができるのです。

開業から営業まで広く運営サポートしてくれる

フランチャイズ加盟店は、開業から運営まで本部が指導してくれるのも大きなメリットと言えるでしょう。
これによって、フランチャイズは販売未経験でもやっていけるのです。

フランチャイズは、未経験でも安心して参加できるシステムとなっています。
販売するためのノウハウは、フランチャイズ本部が全て持っているので安心です。
何よりも、本部のブランドをそのまま、フランチャイズで活用することができる点です。

ブランドの集客力がある

誰もが思うことですが、販売することでもっとも大変なのは以下にしてお客さんに来てもらうかです。
その点、フランチャイズ加盟店では、本部のブランドが持つ集客力をそのまま活用することができるのです。

フランチャイズ店の出店に対して、立地条件やマーケティングなどを全て本部に任せることができます。
フランチャイズ本部の経験や実績も確認した上で、フランチャイズができることは、このうえもない大きなメリットとなるのです。
売上予測が立てやすいので、将来の見通しも明るいと言えるでしょう。

代理店とフランチャイズどちらが良いか?

フランチャイズ加盟店が本部に支払うロイヤリティは、売り上げの数%にもなります。
数%程度か、という声も聞こえてきそうですが、売上からの拠出です。

売上からは人件費や光熱費など収益を大きく圧迫するものが含まれていますから、手元に残るお金はわずかとなるでしょう。
ですから、ロイヤリティというのは、お店の利益をかなり圧迫するものなのです。

一方で代理店にはこのロイヤリティの支払いは一切ありません。
本部のブランドを利用した売りやすさを求めるのがフランチャイズ。
一から自分で開拓して商品を販売していくのが代理店です。

もし代理店かフランチャイズで起業のどちらかで迷っているようでしたら、初期費用やロイヤリティがかからない、代理店を募集している商材を探し てから始めるの良いでしょう。そして代理店としてある程度の経営経験を積んで、フランチャイズを考えた方が良いでしょう。