代理店とは

代理店とはサービス・商材提供者(メーカー)に代わり販売していく法人・個人のことを指します。

例えばNTTが光回線を代理店に卸し代理店は光回線をエンドユーザーに販売・契約 をし代理店はNTTから手数料を頂く仕組みです。

実際は販売実績件数や1次代理店、2次代理店によって手数料が違ったり1契約で継続収入が発生する商材・サービスもあります。

代理店本舗では代理店募集したいメーカ様とエンドユーザーに販売したい代理店を マッチングするサイトでございます。ご活用して頂ければと思います。

代理店の種類・契約形態違い

代理店には 特約店、紹介代理店、販売店、販売代理店と色々種別があります。
通常、加盟店はフランチャイズにあたり代理店とは区別されます。

加盟店(フランチャイズ)

フランチャイズとは一般的に代理店でなくフランチャイズのことを指します。 代理店はサービス・商材毎の契約に対して フランチャイズは本部の商品や販売方法等などを利用して販売して行く仕組みです。

フランチャイズのメリットはサービス名・屋号などの使用ができその本部のノウハウや 流通等を利用できます。よって販売地域の特色など調査することにより 毎月の売上目処が立ちます。

ただし、本部の指示による逸脱した販売方法や販売価格を自由に決められないフランチャイズ契約も多くあります。

特約店

特約店は特定の契約を結ぶ代理店契約になります。 契約内容はメーカーと代理店で結ぶ契約形態によって違うのですが 多くは同業他メーカーとの特約店契約結べない契約形態です。 その代わり通常の代理店よりも手数料がよかったりします。

紹介代理店

紹介代理店は営業から契約まで全て行う分けでなく 代理店はお客様をご紹介をしメーカー側の営業スタッフが営業からご契約を行う仕組みが一般的でございます。

通常の代理店営業と違い、企業を紹介して契約した時点で手数料が入りますので 営業力に弱いが販路がある代理店にマッチします。

販売代理店

代理店とほとんど同じ契約形態です。

販売店

代理店契約と販売店契約は全く別物の契約です。 販売店契約は商品をメーカから仕入れてから販売する仕組みです。 通常の代理店は商材など仕入れず営業を行い売れたら直接メーカーから エンドユーザーへと発送されますが、 販売店は一旦在庫を持ち店舗営業や外回り営業を行い販売していきます。

代理店として活動のメリットと代理店を募集する側のメリット

代理店のメリット

代理店はフランチャイズや販売店と違い、在庫などのリスクが少なく 契約結べばすぐに販売できので販路多岐に渡る法人・個人や メインの商材があり一緒に副商材として販売していくこと可能です。

例えば、ホームページ制作をメインで行っている法人がリスティングの代理店営業や新設会社に対してのコンサルをしている法人・個人が名刺、ホームページ、複合機などの商材を交えて販売していくこともできます。

代理店募集のメリット

代理店を募集する側のメリットは、社内に営業のリソースが少ないので 販路を増やしたいなど自社サービスに自信があるが、営業部隊がいない法人にとって 代理店制度は有効な仕組みだと思います。

営業1人にかける人件費が25万円、教育研修費用で一人前の営業マンとして 育つ教育費用100万円と言われるなか、代理店は人件費用もかからず 代理店の営業力、販路を良い意味で利用でき、リスクも少ない仕組みです。

私の知人の会社が当初2人でやっており設立1年目は年商600万が 代理店を10社増やしたとことろ2年目で8000万円と 現在(5年目)では年商10億の企業に育っています。 *後日詳細は記載します。

今挙げた事例はとても稀な成功事例かと思いますが、 代理店様向けに資料を作り、「売る」ノウハウなど 一度、代理店募集の仕組みを上手に構築できれば売上は確実に上がってきます。