代理店で商材を販売する方法

代理店の商材の販路は沢山ある方が良いです。商材によって効果的な方法、非効率な方法がありますのでそれらをまとめてみました。

既存クライアントにアプローチ

今迄で名刺を交換したクライアントにアプローチする方法が一番、契約角度は高く即決率も良いと思います。たとえクライアントのニーズに合っていない商材でも付き合いだからと契約してくれる可能性が高いです。また、そこまで付き合いがなく一度か二度顔を合わせただけでも、新規でのテレアポよりは良いです。人間一度でも顔合わせれば警戒心も薄れ多少のお願いも聞いてくれます。 代理店としてメインで売る商材を決めたら、名刺入れから順にメールもしくは電話で順に代理店営業していく方法です。

Webサイトからの集客

WEBサイトからの集客は一番効率が良いです。商品名やサービス名で検索をし 来たお客さんは90%以上、興味があります。また狙ったキーワードで検索上位に入れば 何もせず集客が見込めます。ただし、この方法は競合も多いので集客率の酔いキーワードで検索させるには、SEO対策のスキルが求められます。

テレアポでの売り込み

営業といえば真っ先に思いつくのがテレアポです。新人時代、毎日200件~300件近く テレアポをさせらたのを思い出します。効率は悪くはないのですが、精神力勝負なので テレアポが好き、人と話するのが好きという方には向いているのかもしれません。 また、契約確率は商材にもよりますが、結構タイミングが重要だったりします。 お客さんがたまたま欲しかったサービスで電話があった。今週時間が空いたからら話だけでも聞いてみるかなど、その時にタイミングが重要です。ですのでテレアポメインでやってる会社など法人リストを何度も使いまわしたり、何週もかけている会社も多いです。

チラシ&飛び込み営業

個人宅などにチラシやチャイムを押して訪問する代理店営業方法です。 私はこれが一番苦手でした。。夏の暑い日など死ぬほど大変した。 けど商材によっては効率が良いんですよね。 新規のテレアポと違い目て見てもらえます。訪問の場合はもちろん顔を合わせるので 第一印象させクリアできれば、多少なりとも親近感を感じてもらえるでしょう。 また、チラシでもキャッチフレーズさせ目を引けば多少は見てもらえるので 1日に回れる限度はテレアポよりは低くても、効果はあります。 自分で回るのがきつく、時間もない方でしたら、ポスティング会社に頼むのもありだと思います。

イベント

大型スーパーなどでウォーターサーバーや光回線などの紹介してたりしますよね。 メリットは不特定多数見込み客に繋がり、上手にキャンペーンなどを打ち出すと上手くいきます。知り合いの会社でウォーターサーバーで1日200万円も利益だしたと聞いたこともあり。代理店として商材次第ではかなり良いのでないでしょうか。